ホテル・旅館は、旅館業法向けの保険がありますが、住宅から派生した民泊には、明確な保険がありません。 一般の住居用の火災保険や事業用のビジネス保険(いわゆる事務所向けの総合保険)に加入していても、 もし火災が発生した場合には、保険会社からの支払い拒否をされる可能性があります。

また民泊向けの保険もありますが、火災保険は人数を基準に設定されるので、例えば、1 口 25,000 円で 2 年間の保険となりますが、2 名まで対象としているなど制限があります。御社の民泊で最大宿泊人数を 7 名と設定している場合、4 口の保険に加入する必要があり、そうなると 25,000 円 x4 口 =100,000 円となり、 1 年間 50,000 円の保険金額となります。

このような問題から民泊民宿協会は、会員向けに

 

民泊民宿協会とエアサポタッチが共同で、民泊の安全安心な運営をサポートするために

      エアサポタッチと一般社団法人民泊民宿協会がタックを組みました!

民泊新法、民泊条例にも合致し、ホストとゲストが直接接触せずに、チェックイン、チェックアウト手続きが行えるフロントマン不要のバーチャルフロントとして機能します。